二重施術は病院の症例数を参考に!【慎重に見極めることが重要】

女性

目の印象を変えよう

顔を触る人

なりたい目になる方法

今の自分の目に対して不満を抱いている人はとても多く、美容外科クリニックで治療を受けている人はとても多いです。実は、二重治療は大きく分けると二種類あるのですが、これらの治療法は特徴が全然違うのでそれぞれの特徴をよく理解した上で治療を決断してください。まぶたを切開する切開法はとても有名ですから、多くの人に知られているかもしれません。二重のラインを作りたい場所にメスを入れて、まぶた全体を切開する治療法もありますが、目頭や目尻の一部だけを切開する部分切開もできます。まぶたの脂肪が多かったり皮膚が伸びてしまったりしたため、他の治療ができない人も切開法ならばすっきりとしたまぶたにすることも可能です。切開することのない埋没法は糸を使って二重のラインを作るだけなので、多くの人が手軽に利用しています。糸で固定するだけなのでメスを使わない分、ダウンタイムを短くすることができますし、糸を切って元の状態に戻すことさえできるので抵抗感が少ないかもしれません。切開法も埋没法もメリットもデメリットもありますから、自分にとってどちらの治療法が合っているのかをよく考えてください。もちろん、美容外科クリニックでは無料カウンセリングがありますから、この時に医師とよく相談して納得のいく治療をしましょう。二重整形では切開法と埋没法の二種類がありますが、どちらの治療法であっても理想的な目元を作ることは可能です。しかし、気を付けなくてはならないことがどちらの治療法にもありますので十分考えた上で決断しなくてはなりません。切開法ならば埋没法では難しい状態であっても治療できますが、メスを使うために一度治療してしまうと元の状態に戻すことができなくなります。元に戻さなくて良い人にとっては問題ありませんが、本当に戻さなくても良いのか迷いがある人は埋没法を選んだほうが良いかもしれません。埋没法ならばいつでも元の状態に戻すことができますので、抵抗感があまりなく二重にできるでしょう。治療で使われる糸は髪の毛よりも細いので目立つことはありませんが、まぶたを強くこすってしまうとこの糸が切れてしまうかもしれません。すると、突然元の状態に戻ることがありますので、普段の生活でまぶたを強くこするようなことがないように気を付けて生活してください。それぞれの治療法で気を付けなくてはならない大きなポイントは以上の通りです。自分にとってどちらの治療法が向いているのかを自分だけで考えるのではなく、以上のポイントを頭に入れた上で医師と相談した上で最善の選択ができるようにしましょう。